バイナリーオプションでは証券会社はしっかり選ぼう


0 コメント

「特に証券会社によって利益獲得はあまり関係なさそう」

という考え方を一度考え直す機会になれば私としては嬉しく思います。

それはなぜかというと証券会社によって

ペイアウト率(払戻額)が異なっていたり、

営業時間やキャンペーンなども会社によって違うからです。

そうした小さな差でも長期間バイナリーオプションをやっていると

大きな差になってきます。

だからこそ選ぶときは事前にしっかりと調べる必要があるのです。

証券会社によってはキャンペーンで払い戻しができない場合があります。

たとえば、ペイアウト率が高くなる、などのものです。

キャンペーンの条件をクリアできないがために、

せっかく頑張って得たお金を出金できないのは時として

マイナスになることがあると思います。

そんなマイナスを受けないためにも条件を必ず読む必要があります。

また、そうした注意書きなどは小さく書かれていたり、

文の途中などわかりづらいところがあったりするので、

気をつけながら読んでくださいね。

 

『証券会社の選び方』

 

まず、重要なのは様々なサイトで様々な証券会社を比べてみることです

知っている証券会社がないからここにする、

ではなく、知名度があったとしても評判などを事前に調べる必要があります。

ただ単に広告費をかけて集客しようとしているだけかもしれないので、

一度チェックをすることをオススメします。

広告などに優良業者一覧などを目にするかもしれませんが、

こうした広告にお金を払って載せている可能性も十分にあるので注意してください。

注意する点としては評判や今までの取引高、

営業時間にキャンペーン内容(条件なども含めて)を確認するようにしましょう。

また、できることならバイナリーオプションを扱っている上場企業の株価なども

調べてみても良いかもしれません。

判断材料を多く集めた方が、より良い選択ができるようになります。

 

『デモトレードがない会社はこれ?』

 

どこの証券会社でもデモトレード(模擬為替体験)ができるとは限りません。

デモトレードができる証券会社、できない証券会社の一部をご紹介します。

 

「できる証券会社」

・ハイローオーストラリア(登録不要)海外バイナリーオプション業者で有名な企業の1つ

 

・ワイバイナリー。30秒の取引ができることで有名。

 

・GMOクリック証券(名前・メールアドレスを登録)為替高世界一の企業。

 

「できない会社」

・オプショントレーダー。豊富な銘柄(58種類)を取り扱っていることで有名。

・トレンドオプション(ホームページに記載はされていないが、お問い合わせで可能)

100円から取引可能。ローリスクで始められることが売りで有名。

・バイナリーティルト(申請によって開設可能)出金トラブルがないことで有名。

国内業者と国外業者はデモトレードの有無以外にも税金や判定時間に差があるので

一度メリット・デメリットを比べることをオススメします。

 

『会社ごとのメリット・デメリットを知ること』

 

前述していますが、改めて復習という意味で確認をしていきましょう。

まず、営業時間です。東京市場やNY市場などオープンしている時間は異なります。

なので、実際に取引ができる時間帯に営業しているのかを確認してみましょう。

次にキャンペーンです。

条件によって出金ができないという場合があるので、

よく読むことが必要です。

のちに後悔することがあるかもしれないのでメリットだけをみるのではなく、

それに伴うデメリットも考えることが重要です。

次にデモトレードができるかどうかも重要です。

デモトレードとはお金をかけずに擬似的にバイナリーオプションができる仕組みのことです。

実際に使いやすいか、自分にでもできるのかどうかを判断することができます。

続いて、ペイアウト率です。

ペイアウト率は会社によって大きくことなってきます。

会社によって10%前後の差があるので、

のちのち損をしないように確認をしておく必要があります。

 

『まとめ』

 

・証券会社によってキャンペーンやペイアウト率が異なるためチェックが必要

・条件などはしっかりと確認をして不利にならないようにする

・会社は様々なサイトをみて、メリット・デメリットを確認する

 

日本国内の会社だけではありません。

オーストラリアやロンドンの証券会社も多く存在しているので、

ベストだと思う会社を選ぶようにしましょう。

ここがいい!と思ったあとは再度、

評判を確認してみることによって選択の失敗を防ぐことができます。

しっかりと証券会社を選んで利益をより多く出せるようにしましょう!

近日公開

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。