市場は国の数ほど存在しています。

もちろん経済規模によって市場の大きさは異なってきますが、

バイナリーオプションにおいて金融市場が活発なところを把握しておく必要があります。

NY市場・東京市場・欧州市場は世界三大市場とよばれているので、

最低でもこの3つは覚えておくと良いでしょう。

また、中国市場も年々大きくなっているので、無視することはできません。

中国市場は地理の関係上、オーストラリアに多大な影響を与えているので、

できれば5つを把握しておくと有利にバイナリーオプションができます。

この5つの市場の情報を常に把握しておくことは難しいので、

慣れるまでは何か2つの市場に限定しておくと良いでしょう。

私がオススメするのは東京市場とNY市場です。

なぜ、この2つなのかは別の記事を読んでいただければと思います。

日々、多くの情報を得ることになるとは思いますが、

最初に大事な情報があります。

それは市場がオープンしている時間です。

この時間を知っていることによって手法は大きく異なってきます。

 

『オープン時間公開』

 

前述した通り、各国に市場が存在しています。

その市場がオープンする時間をすべてを記載することは難しいので、

市場規模が大きい

『東京市場(日本・香港・シンガポール)

・NY市場(アメリカ・カナダ)・欧州市場(ドイツ・スイス・フランス・イギリス)

・オセアニア市場(オーストラリア・ニュージーランド)』の4市場のオープン時間を

ご紹介したいと思います。

また、公開される時間は日本時間を軸にしています。

 

「東京市場」

午前9時から午後7時。

「NY市場」

午後10時から午前7時。

「欧州市場」

午後5時から午前3時。

「オセアニア市場」

午前5時から午後2時。

以上が為替市場時間です。

 

これらは他のサイトをご覧になっていただければ、

お分かりになると思うのですが、株の売買のように「この時間がオープン時間」とは

正確には決まっていません。

なので、あくまでも参考程度と考えていただければと思います。

また、サマータイムなどによって時間の変動があるので注意が必要です。

 

『市場オープン時間とは』

 

「そもそもオープンってなに?」と思った方も多くいるのではないでしょうか?

バイナリーオプションは24時間取引ができる会社もあることで、有名ですが、

どの市場でも24時間空いているというわけではありません。

なんらかの市場が常に空いている状態のことを示しています。

たとえば東京市場がオープンしていて、

NY市場がクローズしているとしても取引は可能です。

どちらかがオープンしていれば問題はないのです。

もちろん、どちらかがクローズしている状況だと取引高は高くありません。

なので比較的落ち着いた変動が基本です。

しかし、注意が必要なのが、市場がオープンしているときに経済指標が発表されたりするので、

一概には落ち着いていると断言することは難しいです。

また、経済指標の発表があればできるだけ早く情報を得ることが必要です。

 

『市場オープン時間に何が起こる』

 

市場がオープンすると同時に取引が活発に行われるようになります。

東京市場とNY市場がオープンした直後は一気に取引数が増加し、

日本時間の午前中(10時から12時頃)にはトレンドがおおよそ決定します。

通貨高か通貨安の予想がしやすくなるので順張りをして

利益を獲得することが基本手法として有名ですよね。

オープンする前は前述している通り、

取引が落ち着いているのでレンジ相場で利益を獲得していくことをオススメします。

また、中国市場は規模が大きく、

地理の関係上オセアニア市場、特にオーストラリアに影響を及ぼすので、

中国市場がオープンしているときの経済指標の発表は重要になるのでチェックが必要です。

もちろん、慣れるまでは東京市場とNY市場に限定するなどして、

一点集中をしたほうが集中力や情報収集力が高いところで

維持ができるので利益を出しやすくなるでしょう。

 

『まとめ』

 

・市場オープン時間を把握し、時間帯に応じて賭け方を変える

・オープン時間は経済指標が発表されるので情報をいち早く得るために注意

・オープン直後は取引高が一気に増えるので、様子を見ながら賭ける

市場がオープンしている時間は様々な要因によって為替が変動します。

なので、常に新しい情報を得るように心がけることによって、

他の投資家と差をつけることができます。

時間を把握することによって利益を拡大していきましょう!

近日公開

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。