「入金して本当に反映されるのか?」この文章を読んで

「え?どういうこと?」と思ったことも多いでしょう。

実は国内業者と海外業者では入金の仕方が違うということを

ご存知でしたでしょうか?

国内業者の場合のほとんどが銀行送金です。

銀行での入金でも即日口座に反映されますが、

15時を過ぎた場合は早くても翌営業日になってしまいます。

それに加えて銀行に行かないといけないケースがほとんどなので、

忙しいとなかなか厳しいですよね。

反対に海外事業者の場合はクレジットカードでの利用は非常に便利です。

もちろん、海外送金という方法もあるのですが、それこそ時間を要してしまいます。

なので、クレジットカードで入金すると即口座に反映されます。

さらに入金情報もリアルタイムに反映されるので助かりますよね。

今回はバイナリーオプションをいざやろう!

となったときに最初の問題である「入金」についてご紹介していきます。

 

『入金して反映はされます』

 

もちろん、国内業者でも海外業者でもいかなる入金方法でも反映はされます。

しかし、バイナリーオプションで重要なのは「スピード」なのです。

ここぞ、という時に資金がなくては元も子もないですよね?

以前、朝7時から9時ころが比較的利益が出やすいというお話をしました。

詳しくはその記事を読んでいただければと思うのですが、

もし、入金ができていなかったら1日を無駄にしかねません。

なのでそういったことも含めて考えると、

いかに入金が迅速にできるかが勝負になってきます。

「そんな、1日、2日で損益が変わるもの?」と考える人は実際に多いですが、

バイナリーオプションをやっていくうちに痛感する瞬間がおそらく来ると思います。

そのときにあらかじめ対策をしていなかったがために後悔はしてほしくありません。

今回の記事を読んで、入金処理に対して後悔する人が1人でも

減ることを考えての記事なので、

最後まで読んでいただけると私としても嬉しい限りです。

 

『現金よりクレジットカードを推薦します』

 

冒頭にも記載しましたが、

現金よりもクレカでの入金の方がスピーディーに反映されるのでオススメです。

それだけではなく、手数料の面でも抑えることができます。

入金にかかる時間と費用を抑えることができるクレカはまさに

一石二鳥と言えますよね。

また、バイナリーオプションを長期的にやっていけばいくほど、

必然的に積み重なってきます。積もり積もればというもので、

最小限に抑えることによって最高のパフォーマンスにつながるものなのです。

 

『クレジットカード会社紹介』

 

多くのクレジットカード会社が存在しますが、今回2社をご紹介していきます。

 

①エポスカード:入会金・年会費が無料

現在、約600万人の会員数を誇る「エポスカード」は

クレジット機能とキャッシング機能の両方がついているものです。

それだけではなく、マルイや提携企業ではポイントが付与されたり、

割引が効いたりするのでカードです。

 

②アメリカンエクスプレス:年会費が必要

クレジットカードと言えばアメリカンエクスプレスと言われるくらい

クレジットカードの代名詞的存在の1枚です。

エポスカードは一般的なカードですが、

アメリカンエクスプレスは一段階上のカードです。

どう違うかというと、マイルが貯まったり、

空港のラウンジが使えるだけではなく、

24時間対応してくれるコンシェルジュもサービスで利用可能です。

そのほかにも様々な特典がついてくるのが魅力的なカードです。

持っているだけでお金がかかってしまいますが、十分に価値があると言えます。

 

『まとめ』

 

・海外業者にこそクレカを利用する

・クレカによって入金が即口座に反映される

・手数料も抑えられてお得になる

入金方法に対して関心がない方が多いですが、実は大事な部分なのです。

1回の入金で反映されるまでに2日・3日あるいはそれ以上に遅れたり、

手数料が1000円、2000円違っていたら1年もすると

相当な差が生じてしまいます。年間で3万円ほど変わってくるかもしれません。

この3万円がどう化けるかは皆さんもご存知かと思います。

改めてではありますが、クレジットカードを利用することによって、

時間と費用を抑えることができるのです。

みなさんも入金方法を再考してみてください。

いまよりももっと便利にお得になるかもしれません。

また、業者によって入金方法や手数料、反映されるまでの時間などが異なります。

そこについても注意をしてくださいね。

近日公開

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。