トレンドの読み方を徹底解説


0 コメント

トレンドをしっかりと分析することができれば、

利益はその分多く獲得することができます。

反対にトレンドを予想しようとせず、

勘頼りで勝負をしていくと大きな損失を生みかねないです。

勘だけだと統計学的に勝率5割程度になってしまい、損失が出てしまいます。

勝率6〜7割をキープするにはトレンドを分析することが重要なのです。

「そもそもトレンドがわからないんだけど」

という方はこの記事をよく読んでいただければ理解することができると思います。

 

『トレンドとは?』

トレンドとは簡単に一言で表すと『傾向』と言えるでしょう。

つまり、通貨高になるか通貨安になるかを予想するのに極めて重要なのが

トレンドを分析する、ということです。

トレンドは経済指標の発表や時間帯等によるもので変動してきます。

常に変動している通貨を予想するには過去の流れから分析することが必要です。

たとえば連日ドル安になっていたとしましょう。

1日の単位で見てみるとドル安になっているかもしれませんが、

1日の中で細分化してみるとドル高になっている瞬間が少なからず存在します。

その存在するときはどんな時なのかを読み解くことができれば勝率は上昇します。

ご存知の通り、為替は常に変動しているのですが、

トレンドが分かると規則性が見えてきたりするので、

ないがしろにすることはできないと言えるでしょう。

 

『トレンドの読み方』

 

トレンドの読み方は様々な手法が存在します。

たとえば時間帯。市場がオープンした直後(1時間から2時間の間)は

その日のトレンドが決まることが多いです。

なので、流れを読み取り、順張りをしていくことで利益を得ることができます。

次に、時間内でのローソク足を使った分析も効果的な手法の1つです。

時間内のローソク足は「陽線」が多いのか「陰線」が多いのかを

調べることによって現在のトレンドがどうなるのかの

予想をだいたいはすることができます。

例えば、30分の中でローソク足が10本中、8本陽線あったとするならば、

その時のトレンドは短い間隔でいうと、上昇傾向にあるといえるでしょう。

反対に陰線の方が多い時は下降傾向にありますよね。

陽線と陰線を見る時には「ひげ」と呼ばれるものに注意が必要です。

ひげは高値と安値を示しています。

このひげの長さがポイントなのです。

上に伸びているひげは高値を示していますよね。

これが長い時は相場が大きく跳ね上がったものの、

一気に元の水準に戻ったことを意味しています。

反対に下に伸びているひげの時は、一時的に下落をしたけれども、

反発したことを示しています。

上にひげが伸びた直後は通貨安になる可能性が高いです。

下にひげが伸びた場合はその逆ですよね。

ひげが特に伸びているときはトレンドが転換するときが多いので、

注意が必要です。

 

『トレンドを読めれば勝率アップ』

 

トレンドは上がるか下がるかを予想する

バイナリーオプションにとっては非常に重要です。

このトレンドを読み解くことができれば勝率は上昇すると言っても過言ではありません。

トレンドを予想するときに必要なのは取引時間です。

取引時間が短ければ短いほど

トレンドが変更する可能性が低くなるので予想がしやすくなります。

バイナリーオプションは二者択一なので勝率50%とよく言われていますが、

しっかりと分析することによって結果は変わってきます。

これはプロの投資家であってもトレンドを無視したやり方はしません。

また、じりじりと変動していくトレンドの場合は

ハイローオプションよりもワンタッチオプションの

ノータッチオプションを使うことによって利益をより上げやすくなる、

ということも記憶しておくと良いかもしれません。

 

『まとめ』

 

・トレンドを読み取ることはプロの投資家もしている

・トレンドがわかったら1分や5分の短時間で勝負をする

・トレンドを読み解くときには「ひげの長さ」が重要

 

ここまで読んでいただいた方はいかにトレンドが

バイナリーオプションにとって必要なのかが簡単にでも理解できたかと思います。

最近、勝率が上がってない、

という方やどこから始めていけばいいのか分からないという方は

トレンドとそれに付随するローソク足の分析をしてみることによって

勝率が上がりやすくなります。

ちゃんと読み取れるか自信がないという方は一度、

デモトレードで練習をしてみるといいかもしれません。

デモトレードを活用することによって傾向が体感的に分かるようになります。

どういったトレンドにはどういう風に対応すればいいのかを把握して、

利益を獲得していきましょう!

近日公開

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。