確定申告は1月1日から12月31日までの損益をすべて計算し、

税金を納めるために必要なものです。

万が一、申請をしなかったり、

申請漏れがあった場合は脱税とみなされるケースも存在するので注意が必要です。

また、申請期間は翌年の2月中旬から3月中旬の1ヶ月間です。

このときには申請をする方や質問をする方でごった返しているので、

質問がある場合は早め早めに税務署に聞いておくようにしましょう。

さらに注意が必要なのは、バイナリーオプションで年間所得が20万円以上の方は

確定申告の義務が生じるので気をつけましょう。

さて、まだ確定申告の話は早いと考えている皆さん、

今のうちからコツコツやっておくと後々後悔しませんよ

それは期限が迫る、ということだけではなく、

節税することも今日からできるからです。

今回はバイナリーオプションをやっている方の多くが通る道であろう

「確定申告」

についてご紹介していきます。

今年が初めての確定申告、という方は必見です。

 

『確定申告の大事さ』

 

普段、会社員の方なら確定申告という言葉や方法には

縁がなかったかもしれません。

しかし、バイナリーオプションなどの金融商品を通して

利益を20万円以上得た場合は必ず確定申告を行わなければならないのです。

そして、前述してある通り、申告時に不備があると

脱税をしていると疑われる可能性も十分にあります。

なので、税務署の職員の方に聞いたり、

税理士に相談しながら申告に向けて準備することをお勧めします。

 

『確定申告のやり方』

 

確定申告の大事さを理解できても、申告の仕方が分からない!!

という方もいるかと思うので、一般的な確定申告の方法をお伝え致します。

①税務署に行き、資料を貰い、いつ収益がいくら挙がったか、などを記載する。

1年を通して得た利益や経費を紙にまとめていきます。

取引数や経費が多ければ多いほど、計算や記入に時間を要します。

なので、こまめに記入していくことをお勧めします。

税理士に任せることもできますが、費用がかかるので、

できることであればご自身でやるのが良いかと思います。

自分自身でやることによって数字を把握でき、

どこを改善すればいいかなども分かるからです。

②「e-tax」で提出する。

e-taxはパソコンにダウンロードやインストールする必要がなく、

ウェブ上で完結させることができます。

そのため、わざわざ税務署に何度も行く手間がなくなります。

また、自動計算なので、記入ミスを最小限に抑えることもできます。

 

『バイナリーオプション節税方法』

 

バイナリーオプションをする上で、節税ポイントはいくつか存在します。

例えば、経費算入です。

バイナリーオプションをする上で必要な物を購入した場合、

経費として計上することができます。

パソコンやネット回線、伝票やデスクなどです。

他にもセミナーや書籍代を計上することができます。

細かいものも合わせてみると総額は予想以上になることでしょう。

節税方法はこれだけではありません。

法人化にするのも状況によっては節税に効果的です。

法人は個人よりも経費にすることができる幅が広いので、

節税しやすくなります。

自宅兼オフィスでも計上することができるのです。

このように一言に節税、といっても様々な項目や方法が存在します。

なので、現在の自分に合った節税方法を見つけてみましょう。

利益が300万円程度なら個人でやったほうが良いですし、

1000万円程なら法人化するのも方法です。

税理士や税務署と相談しながら決めていくのが、節税の一番の近道だと思います。

 

『まとめ』

 

・確定申告は必ず申請を行なう

・申告漏れや未申告などは追加徴税される可能性があるので注意をする

・節税方法はいくつも存在するので、税金に詳しい人と相談しながら実行してみる

もしかしたら、今まで節税に関心がなかった人も実際には多いかと思います。しか

し、バイナリーオプションをやっていく上で確定申告や節税は極めて重要なことです。

知らなかった、忘れてた、では大きな損失を生みかねないので、

気をつけてくださいね。

実際に何億も稼いだ人が確定申告をしなかったがばっかりに

2億円の借金をしてしまったという話があるぐらいです。

決して自分は問題ないだろうと甘く考えるのではなく、

むしろ慎重に対応していくぐらい重要なことなのです。

確定申告をするときは節税を意識しながら行ない、

より大きな利益を生むことができるように心がけていきましょう。

近日公開

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。