バイナリーオプションを個人でやっている方は非常に多いです。

個人投資だけではなく、法人でもバイナリーオプションができることは

ご存知でしたか?法人、つまり事業としてバイナリーオプションすることができるのです。

まず、法人口座を開設して、資金を投入すれば、

個人投資家と同様に収益を上げることができます。

今回はどのように法人口座を開設するかをご紹介するだけではなく、

法人でバイナリーオプションをやる上での

メリットとデメリットに対しても開設していきます。

新規事業を何にしようか考えている企業人の方には

必見の記事になっているので楽しみにしててくださいね。

 

『法人口座開設方法』

 

まず、口座を開設にあたって取り引きを行なう責任者の身分証明書が必要です。

また、その責任者は20歳以上である必要があります。

そして、日本国内に本店が登記されていて、

その住所で郵便物の受け取りが可能であることが条件です。

責任者は日本人(日本国籍)のみ有効で外国国籍だと申し込みすることができません。

また、口座開設手数料は個人と同様に無料のところが多いです。

取引手数料も個人と同じく無料でできる業者も少なくありません。

例えば世界最高の取引高を誇るGMOクリニック証券(日本業者)を挙げると、

登記所在地の郵便番号、住所、会社名、部署名などの入力が必要になります。

その他にも実質的支配者情報というものが必要です。

この実質的支配者とは法人の事業経営を実質的に支配することが

可能な方を指しています。

株式会社や有限会社では株式を50%以上を所有している者が

実質的支配者となります。

その他の合名会社や一般社団法人、学校法人や宗教法人、

他にはNPOなどは代表者が実質的支配者です。

これらの用いて申請すると法人口座の開設ができます。

 

『メリット』

 

法人口座の開設方法を述べましたが、気になるのは

『法人でやるとどういうメリットがあるの?』という事ですよね。

法人でバイナリーオプションをやる大きなメリットの1つが

損失繰り越しができることと、様々な経費に組み込むことができます。

つまり、税法上のメリットが非常にあるのが法人口座での取引です。

この損失繰り越しは通常3年までのところをバイナリーオプションにおいては7年まで可能です。

節税は企業が気にするところなのでオススメできます。

他には法人設立時が最も資金調達がしやすいと言われています。

もちろん、どこかの金融機関に借りることになるので、

事業計画などが必要になりますが、数百万などのお金を手にすることも可能です。

特に今までの実績がある場合はより資金調達しやすいでしょう。

 

『デメリット』

 

メリットがあるということはデメリットが存在しますよね。

バイナリーオプションを法人口座でやる上でデメリットをご紹介します。

まず、これから法人を設立してバイナリーオプションをやっていこう!

と考えている方に対してです。

まず、法人設立には設立費や維持費がかかります。

それだけではなく、たとえ赤字あるいは何も行動をしていなくても

法人を持っているだけで地方税として毎年7万円が必要になってきます。

次にすでに法人を持っていて、これから新規事業として

バイナリーオプションを始めよう、

またはこれから法人設立設立してやっていこうと考えている方に

当てはまることです。それは税率の問題です

法人には様々な税金がかかります。

細かい話になってしまうので、詳しいことは割愛しますが、

最終利益(口座にある現金)の約4割を国に税金として納める必要があります。

例えば決算を行なう時に200万円(利益)があると税金は80万円です。

なので、法人に対してかかってしまう税金に対しても考えなければなりません。

その他にご自身に対しての所得税などもあるので、

個人でやるよりもメリットがある!

だけの考え方ではなく、一経営者としての考えも加える必要があります。

 

『まとめ』

 

・法人でバイナリーオプションをやることも可能

・メリットは資金調達と損失繰り越し(通常3年のところを7年に)が可能

・デメリットは税率が高くなるので、会社経営手法を得て効果的に運営する必要がある

これらが法人でバイナリーオプションをやる上でのメリットとデメリットです。

恐らく税率に対して懸念を持つ方もいらっしゃるかと思います。

税率は最終利益に関してかかるものなので、報酬を増やしたり、

自動車を購入したり、あるいは従業員を雇ってより利益を拡大する方法もあります。

なので手段はいくつも存在するのです。

バイナリーオプションを始めて、実績がある方は法人を設立や新規事業として

始めても良いのではないでしょうか。

この記事によって皆さんが新たな道、方法を考えることができるキッカケになれば

私としても非常に嬉しく思います。

近日公開

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。