日本中に公務員の方は非常に多いですよね。

警察官や教師、自衛隊など何万という数字には足りないです。

そのごまんといる公務員ですが、今の給料より増えたら嬉しいですよね?

それが空き時間に稼ぐことができるだけではなく、

就業規則違反にもならないならばやってみたいと思いませんか?

私の教え子にも公務員の方が数名いらっしゃいます。

人によっては月に50万円をバイナリーオプションで手にしている人もいます。

今回は公務員の方は必見の記事なので、

より収入を増やしたいな、と考えてる方は一読の価値あり、です。

 

『公務員でもできる理由』

 

公務員は副業が法律で禁じられています。

しかし、投資に関しては副業ではないので、問題ありません。

実際に不動産業投資や株式投資、

そしてバイナリーオプションへの投資をしている公務員が0と言うのは考え難いですよね?

これは会社にバレてないから、ではなく、投資は何ら問題がないからなのです。

バイナリーオプションを始め、投資を行なうことは問題はないのですが、

就業時間中や業務に支障が出た場合などは注意などの

何らかの規制はあるかもしれませんが、移動時間や休憩所時間での取引であれば問題ないです。

また、バイナリーオプションは60秒での取引も可能なので、時間がない!

という方でもできるのです。

それにバイナリーオプションは通貨を取引するので、世界の通貨が投資対象です。

そのため、就業時間が終わってあとでも何らかの市場がオーブンしているので、

そこで取引を行なえば、業務にも支障は出ませんよね?

もちろん、損益によって気持ちが安定せず業務に支障が出る、ということは除いてですが。

よって、バイナリーオプションは投資商品なので公務員の方でも問題なく

取引をすることができ、収益を上げても問題ありません。

 

『公務員が投資する割合』

 

実際、投資に興味があったとしてもどのくらいの人が

投資をしているのか気になりますよね?

とあるデータでは以下のようになっています。

投資を行っている 5%

投資を行っていたが今はやめている 10%

投資について興味はあるがやっていない 20%

投資に興味がない 75%

実際にやったことがある人は15%ほどです。

だいたい6人に1人が投資をやったことがあるという結果になりました。

日本人はあまり投資に対して興味がない人が多いので

75%という数字は妥当かと思います。

6人に1人という数字が皆さんにとってどう捉えるかは人それぞれですが、

私は『これだけの人がやっている』という風に捉えています。

なので、一歩を踏み出してみるのもいいと思いますし、

一歩踏み出したことによって、月収が増えるならば嬉しく思いませんか?

 

『バイナリーオプションを勧める理由とは』

 

バイナリーオプションは1分でも利益を獲得することができます。

つまり、どんなに忙しい人でも月収を増やすことは可能なのです。

しかも、投資金額は1000円程度でもできるので、

小遣い制の方でも取り組むことができますよね。

また、投資は副業にはならないので、

本業に差し支えなければ、問題はありません。

これらの理由から私はバイナリーオプションを副業としてやって、

月収を増やし、ワンランク上の生活へ進むこたも十分に可能です。

また、1日3時間で月収20万円をバイナリーオプションで稼ぐ方法も

別の記事にてご紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。

公務員の方も忙しいとは思いますが、移動時間や休憩時間、

あるいは就業後でもバイナリーオプションをすることは可能です。

それは24時間、なんらかの市場がオープンしているからです。

詳しいことはこのあたりにするので、

1日3時間で月収20万円を得たい方はご覧になってくださいね。

 

『まとめ』

・公務員でもバイナリーオプションをすることができる

・本業には差し支えが出ないように気をつける

・1日3時間で月収20万円を獲得することも可能

あくまでも本業に支障が出ないようには注意をするべきではありますが、

実際に公務員の方が投資をしている割合は少なくありません。

デモ口座などもあるので、そこで一度試してみて、

慣れるまでは練習をした方がより本番で安定した収益を出せるようになります。

デモ口座開設につきましても他の記事でご紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

デモを使って、慣れてきたら本番をやって収益を上げる、

これが一番リスクを抑えられる方法です。

止まったままではなく、一度チャレンジしてみることが非常に重要です。

その一歩はもしかしたら勇気がいることかもしれませんが、

一度、踏み出してみると思ったよりも利益がでた!

となるケースが非常に多いです。

また、どれほど金額を投資すると良いのかと言いますと、

生活に影響を及ぼさない程度です。

生活費を切り詰めてやるのではなく、貯金の一部を使って、

万が一損失続きでも問題がない程度にすることによってリスク回避ができます。

 

近日公開

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。